東京医科歯科大学技友会 Dental Technology Alumni Association, Tokyo Medical and Dental University
HOME
本会について
本会の活動
 ▶出版物リスト
 ▼技友会関連行事
  ○2021 学術講演会
  ・2019 特別講演会
  ・2019 90周年記念
  ・2019 学術講演会
  ・2018 学術講習会
  ・2017 学術講習会
  ・2017 学術講演会
  ・2016 学術講習会
  ・2016 学術講演会
  ・2015 学術講演会II
  ・2015 学術講演会I
  ・2014 学術講習会
  ・2014 学術講演会 II
  ・2014 学術講演会 I
  ・2014 閉校記念事業
  ・2014 修了式
  ・2013 学術講習会 II
  ・2013 学術講習会 I
  ・2013 お茶の水祭
  ・2013 学術講演会
  ・2013 修了式
  ・2012 学術講習会
  ・2012 お茶の水祭
  ・2012 学術講演会
  ・2012 卒業·修了式
  ・2011 臨床基礎特別実習
  ・2011 お茶の水祭
  ・2011 学士課程移行記念
  ・2011 特別座談会
  ・2011 伝達式
  ・2010 臨床基礎特別実習
  ・2010 お茶の水祭
  ・2010 学術講演会
  ・2010 卒業·修了式
  ・2010 文化講演会
  ・2009 お茶の水祭
  ・2009 学術講演会
  ・2009 80周年記念講演会
  ・2009 卒業·修了式
  ・2008 お茶の水祭
  ・2008 学術講演会
  ・2008 文化講演会
  ・2008 学術講習会
  ・2008 卒業·修了式
  ・2007 お茶の水祭
  ・2007 学術講演会
  ・2007 文化講演会
  ・2007 卒業·修了式
  ・2006 実技講習会
  ・2006 お茶の水祭
  ・2006 学術講演会
  ・2006 石綿先生退官記念
  ・2004 75周年記念大会
  ・1979 50周年記念行事
会員の活動
連絡先・所在地
注意事項

東京医科歯科大学公式サイト
口腔保健工学専攻公式サイト


歯科技工士学校閉校記念誌
歯科技工士学校
閉校記念誌
(2014.9.15)
技友第71号
会誌『技友』第71号
(2020.11.15)

HOME > 技友会関連行事 > 2021 学術講演会
◇ 技友会主催学術講演会
“デジタルデンティストリーと歯科技工の最新研究”

 
○ 日  時:令和3年7月11日(日曜日)14:00〜15:30

○ 会  場:Zoomによるオンライン講演会

○ 講  師:髙橋 英和
○ 講  師:東京医科歯科大学 名誉教授

○ 申込方法:下記QRコードからお申し込みください。返信メールに参加方法が記載されています。

○ 申込方法:QRコード

○ 申込締切:令和3年7月9日(金)

    ※ 会員以外の方でも参加できます。参加費は不要です。



講  演  抄  録

 IoT(Internet of Things)や人工知能(AI)の登場で歯科補綴装置の製作現場は大きく変革し、いろいろな場面に CAD/CAM 技術が応用されている。数値を用いる歯科技術がデジタルデンティストリーとして歯科技工の現場にも広く浸透してきている。
 デジタルデンティストリーではいろいろな情報を数値で扱うため、今までのアナログ情報を数値に置き換えることが必要である。例えば補綴装置の場合は、口腔内情報は患者さんの口腔を直接、デジタル印象採得装置(いわゆる口腔内スキャナ、IOS)で採得するか、従来の間接法で作製した模型を技工室にてデジタイザで採得する。これらのデータを基に CAD ソフトを用いて補綴装置の設計を行う。設計データを基に加工機に合わせた切削加工、付加製造での加工手順のプログラムを作成し、補綴装置を製作する。数値データであるために、これらステップの間でデータの劣化は生じないが、実際にはそれぞれの装置の持っている精度のために若干の劣化が起こっている。また、最初のデジタルデータにする際に、今までの印象のような連続データではなく、離散データであるがための欠点も存在している。
 しかし、このような欠点があるものの、患者さんの治療時のストレス軽減、従来の必要器材のコストの削減、補綴装置の精度の安定性があり、今後もますますデジタルデンティストリーは発展し続けるものと思われる。
 日本においては診療に用いる器材については薬機法の関係で、海外ですでに市販されている機材でも自由に使用することができないが、最近は、徐々に新しい機材が日本でも使用できるようになっている。
 本講演では、これらの歯科用 CAD/CAM の歴史、口腔内および技工室で使用するデジタイザの特徴、切削加工と付加製造による3次元加工、新たに使用されている材料について紹介する予定である。

講師
髙橋英和(タカハシ・ヒデカズ)先生のご紹介
1980年3月 東京医科歯科大学歯学部 卒業
1984年3月 東京医科歯科大学大学院 修了
2011年4月 東京医科歯科大学歯学部生体材料加工学分野 教授
2015年4月 東京医科歯科大学大学院口腔機材開発工学学分野 教授
 
全国歯科技工士教育協議会副会長
日本デジタル歯科学会:理事,雑誌編集委員長
Academy of Dental Materials: Fellow
ISO/ TC106 SC9 Dental CAD/CAM systems: Chair
▲ Top of Page
Copyright© Dental Technology Alumni Association, Tokyo Medical and Dental University. All Rights Reserved.