東京医科歯科大学技友会 Dental Technology Alumni Association, Tokyo Medical and Dental University
HOME
本会について
本会の活動
 ▶出版物リスト
 ▼技友会関連行事
  ○2018 学術講演会
  ・2017 学術講習会
  ・2017 学術講演会
  ・2016 学術講習会
  ・2016 学術講演会
  ・2015 学術講演会II
  ・2015 学術講演会I
  ・2014 学術講習会
  ・2014 学術講演会 II
  ・2014 学術講演会 I
  ・2014 閉校記念事業
  ・2014 修了式
  ・2013 学術講習会 II
  ・2013 学術講習会 I
  ・2013 お茶の水祭
  ・2013 学術講演会
  ・2013 修了式
  ・2012 学術講習会
  ・2012 お茶の水祭
  ・2012 学術講演会
  ・2012 卒業·修了式
  ・2011 臨床基礎特別実習
  ・2011 お茶の水祭
  ・2011 学士課程移行記念
  ・2011 特別座談会
  ・2011 伝達式
  ・2010 臨床基礎特別実習
  ・2010 お茶の水祭
  ・2010 学術講演会
  ・2010 卒業·修了式
  ・2010 文化講演会
  ・2009 お茶の水祭
  ・2009 学術講演会
  ・2009 80周年記念講演会
  ・2009 卒業·修了式
  ・2008 お茶の水祭
  ・2008 学術講演会
  ・2008 文化講演会
  ・2008 学術講習会
  ・2008 卒業·修了式
  ・2007 お茶の水祭
  ・2007 学術講演会
  ・2007 文化講演会
  ・2007 卒業·修了式
  ・2006 実技講習会
  ・2006 お茶の水祭
  ・2006 学術講演会
  ・2006 石綿先生退官記念
  ・2004 75周年記念大会
  ・1979 50周年記念行事
会員の活動
連絡先・所在地
注意事項

東京医科歯科大学公式サイト
口腔保健工学専攻公式サイト


歯科技工士学校閉校記念誌
歯科技工士学校
閉校記念誌
(2014.9.15)
技友第69号
会誌『技友』第69号
(2018.6.20)

HOME > 技友会関連行事 > 2018 学術講演会
◇ 技友会主催学術講演会
“この人を帰るべきところへ 〜法歯学の現場〜”

 
○ 日 時:平成30年3月17日(土曜日)15:00〜16:30

○ 会 場:東京医科歯科大学 歯科棟南4階 歯学部特別講堂

○ 講 師:櫻田 宏一
○ 講 師:東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 法歯学分野 教授

    ※ 会員以外の方でも参加できます。事前申込み・参加費とも不要です。



講  演  抄  録

 犯罪や大災害における犠牲者の身元確認は、その方の人間としての最後の尊厳を護るだけでなく、残されたご家族の生活修復のためにはきわめて重要な作業となる。その多くは、顔貌や所持品等により身元を明らかにするが、それが困難な第二段階では、国内外ともに、指紋、歯科所見および DNA 型が効果的に用いられている。特に、焼死体や白骨死体など、高度死後変化をともなったご遺体である場合には、最も簡便とされる指紋は採取できず、また識別力の高い DNA 型検査であっても、対照となる人物がいなければ単なる数字の羅列であり、有効とならない。一方、死後変化に強い歯科所見は、作成されたデンタルチャート、口腔内写真およびデンタルX線写真から、その対照者を浮上させてくることもできる。このような捜査にもかかわらず、身元が明らかにならないケースも多い。
 本講演前半では、法歯学の主たる業務として、最も社会から求められている歯科所見を用いた身元確認作業の実際についてご紹介する。特にテクニシャンの先生方による義歯刻印法は効果的とされている。また、白骨死体である場合に、歯や骨からの年齢、性別や身長推定なども重要な個人情報であることから、DNA 型検査法と合わせてその手法を簡単にご紹介する。
 後半では、被害者の出身地域(国籍)推定が、初動捜査上きわめて重要となる場合もあり、その一手法として、生体に寄生する JC ウイルスのゲノム型を用いた方法をご紹介する。大多数のヒトが持つこのウイルスは、幼少時に接触の多かったヒトから水平感染し、生涯腎臓に潜伏しながら、年齢とともに尿に排泄されてくる。このゲノム型は、地理的分布と密接に関連し、生涯変化せず、重複感染もしないことから、幼少時の育った地域を反映すると考えられている。この特殊な推定法について、人類の起源・移動と関連させながらご紹介する。

講師
櫻田宏一(サクラダ・コウイチ)先生ご略歴
【学  歴】
平成2年3月 長崎大学歯学部 卒業
平成9年4月 東京大学大学院医学系研究科医学博士課程 進学
平成13年3月 同課程 修了
【職  歴】
平成2年4月〜9年3月 酒井歯科医院(東京都中野区)
平成13年4月〜9月 東京大学法医学教室 助手
平成13年10月〜14年3月 警察庁科学警察研究所
法医第一研究室 主任研究官
平成14年4月〜15年3月 同所 生物第三研究室 主任研究官
平成15年4月〜26年3月 同所 生物第三研究室 室長
平成26年4月〜27年1月 同所 法科学第一部 部付主任研究官(室長兼務)
平成27年3月〜現在 東京医科歯科大学 法歯学分野 教授
(技友会 学術部)
▲ Top of Page
Copyright© Dental Technology Alumni Association, Tokyo Medical and Dental University. All Rights Reserved.