東京医科歯科大学技友会 Dental Technology Alumni Association, Tokyo Medical and Dental University
HOME
の活動
本会の活動
会員の活動
 ▼論文·著書リスト
  ・1959〜1979
  ・1980〜1984
  ・1985〜1989
  ・1990〜1994
  ・1995〜1999
  ・2000〜2004
  ・2005〜2009
  ・2010〜2015
  ○2016〜2017
 ▶学会発表リスト
連絡先・所在地
注意事項

東京医科歯科大学公式サイト
口腔保健工学専攻公式サイト


歯科技工士学校閉校記念誌
歯科技工士学校
閉校記念誌
(2014.9.15)
技友第69号
会誌『技友』第69号
(2018.6.20)

HOME > 論文·著書リスト 2010-2015
◇ 技友会員 論文・著書リスト(2016〜2017年)

 
氏 名 執 筆 者 書 籍・雑 誌 タ  イ  ト  ル
本24 吉澤 和之 石井ひとみ,吉澤 和之(本24) 歯科技工 2016 44 1 目指せ!未来のスーパーテクニシャン 若手〜中堅歯科技工士の日常臨床における試行錯誤(第3回) 歯型彫刻から学ぶ
本27 青柳 光   歯科技工 2016 44 4 寄稿論文 マグネットアタッチメントを活用した分割式義歯の技工術式-骨隆起症例において非侵襲的治療を達成する一手法
本27 小島 三知長   QDT 2016 41 6 第54回 初の全国統一歯科技工士国家試験を体験して
本31 安江 透 Yuka Kajima,Atsushi Takaichi,Tohru Yasue(本31),Hisashi Doi,Hidekazu Takahashi(特別),Takao Hanawa,Noriyuki Wakabayashi J Mech Behav Biomed Mater 2016   53 Evaluation of the shear bond strength of dental porcelain and the low magnetic susceptibility Zr-14Nb alloy.
本46 上條 真吾   日本歯科技工学会誌 2016 38 1 教育研究から見えるデジタル歯科技工の可能性
本46 上條 真吾 高橋 英和(特別),上條 真吾(本46) 日本歯科技工学会誌 2016 38 1 加圧成形用セラミックスの最近の状況について
本47 池田 正臣 Tezuka H,Shimada Y,Matin K,Ikeda M(本47),Sadr A,Sumi Y,Tagami J.(名誉) Journal of Medical Imaging 2016 3 1 Assessment of cervical demineralization induced by Streptococcus mutans using swept-source optical coherence tomogra-phy.
本47 池田 正臣 Shinagawa J,Inoue G,Nikaido T,Ikeda M(本47),Sadr A,Tagami J.(名誉) Dent Mater J 2016 35 4 Dentin bonding performance and interface observation of an MMA-based restorative material.
本47 池田 正臣 Horie K,Shimada Y,Matin K,Ikeda M(本47),Sadr A,Sumi Y,Tagami J.(名誉) Dent Mater J 2016 32 9 Monitoring of cariogenic demineralization at the enamel-composite interface using swept-source optical coherence tomogra-phy.
本47 池田 正臣 池田 正臣(本47),冨川 紘一(本49),上條 真吾(本46),鈴木 哲也(名誉) 日本歯技 2016 563   義歯洗浄剤が金銀パラジウム合金の変色に及ぼす影響
本48 佐野 隆一   歯界展望 2016 127 4 チェアサイドとラボサイドの連携をスムーズにする 補綴再製ゼロプロジェクト 効率を考えてまとめて石膏を注いでます.これって本当に効率的!?
本48 佐野 隆一   歯界展望 2016 127 5 チェアサイドとラボサイドの連携をスムーズにする 補綴再製ゼロプロジェクト2 石膏に気泡を入れない裏技発見!? はたしてその効果は!?
本48 佐野 隆一   歯界展望 2016 127 6 チェアサイドとラボサイドの連携をスムーズにする 補綴再製ゼロプロジェクト3 自費だからシリコーン印象材? そのエビデンスはどこまで信用できる?
本48 佐野 隆一   歯界展望 2016 128 1 チェアサイドとラボサイドの連携をスムーズにする 補綴再製ゼロプロジェクト4 シリコーン印象材の変形エトセトラ その盲点とは?
本48 佐野 隆一   歯界展望 2016 128 2 チェアサイドとラボサイドの連携をスムーズにする 補綴再製ゼロプロジェクト5 印象材の硬化時間が影響!? 印象材が硬化したらすぐに外す功罪
本48 佐野 隆一   歯界展望 2016 128 3 チェアサイドとラボサイドの連携をスムーズにする 補綴再製ゼロプロジェクト6 スタッフの考える歯科技工物の自費治療と保険治療 その違いの本質
本48 佐野 隆一   歯界展望 2016 128 4 チェアサイドとラボサイドの連携をスムーズにする 補綴再製ゼロプロジェクト7 セラミックなのに歯の色が合わない!? そのシェードが難しい理由
本48 佐野 隆一   歯界展望 2016 128 5 チェアサイドとラボサイドの連携をスムーズにする 補綴再製ゼロプロジェクト8 オールセラミックスだから色がきれい!? 症例に合った補綴物とは
本48 佐野 隆一   歯界展望 2016 128 6 チェアサイドとラボサイドの連携をスムーズにする 補綴再製ゼロプロジェクト9 その笑顔に違和感がある? 顔貌と歯列の関係をチェックする
本48 佐野 隆一   歯科技工 2016 44 1 New Instruments & Technology インプラントフレーム設計の自由度を高める新たな加工法と締結技術-新技術の臨床応用にかかる,歯科医師・患者への付加価値の提案
本57 秋山 遼子 後山 芙美,秋山 遼子(本57),白石 大典 歯科技工 2016 44 3 目指せ!未来のスーパーテクニシャン 若手〜中堅歯科技工士の日常臨床における試行錯誤(第5回)当社におけるCADソフトの変遷
本57 上野 良太 日高 大次郎,上野 良太(本57) 歯科技工 2016 44 4 新・集中連載 チェアサイドの視点に学ぶワンランク上のコミュニケーションメソッド-ある歯科医院の事例を通して見直す,双方向的な情報発信の重要性 第1回 印象・模型の撮影を通した認識共有の重要性
本57 上野 良太 上野 良太(本57),日高 大次郎 歯科技工 2016 44 5 チェアサイドの視点に学ぶワンランク上のコミュニケーションメソッド-ある歯科医院の事例を通して見直す,双方向的な情報発信の重要性 第2回 院内ラボにおいて同じゴールを目指すための試み
実25 阪野 充 西川 圭吾,上田 康夫,小山 明彦,阪野 充(実25),輪島 克司,道田 智宏,高木 敏彦,山本 有平,横山 敦郎 歯科技工 2016 44 11 特別寄稿 医科との連携による各種補綴装置製作にみる歯科技工技術のさらなる可能性-北海道大学病院における取り組みから歯科技工士の職掌拡大の道を探る
実33 早川 浩生 早川 浩生(実33),中川 正史 歯科技工 2016 44 4 「一般社団法人日本歯科理工学会 平成27年度秋期第66回学術講演会」に参加して―最先端の歯科材料学と研究開発の大切さが強調される―
実33 早川 浩生 松村 英雄,山口 佳男,早川 浩生(実33),佐藤 幸司 歯科技工 2016 44 8 【時事座談】専門歯科技工士制度の制定にみる歯科技工士の将来像〜日本歯科技工学会の発行する専門性資格の意義と役割とは〜
実33 早川 浩生   DE 2016   199 199号に寄せて(巻頭言)
実33 早川 浩生 陶山 日出美,西川 圭吾,里見 孝,早川 浩生(実33),庄野 紀代美(本19),畠中 利英,山口 能正,関 三千男(本14) 日本口腔顎顔面技工研究会会誌 2016 15 1 口腔外科技工士認定制度における現状報告
実33 松原 恒 秀島 雅之,中村 周平,松原 恒(実33),鈴木 達 DE 2016   196 【先端歯科技工技術の開発】 睡眠時無呼吸症候群の口腔内装置
賛助 橘田 修 片山 貴博,橘田 修(賛助) 歯科技工 2016 44 6 目指せ!未来のスーパーテクニシャン-若手〜中堅歯科技工士の日常臨床における試行錯誤 第7回 「基準と情報」から構築される顎機能,咬合,審美に調和した補綴物
氏 名 執 筆 者 書 籍・雑 誌 タ  イ  ト  ル
本48 佐野 隆一   歯界展望 2017 129 1 チェアサイドとラボサイドの連携をスムーズにする補綴再製ゼロプロジェクト 10 咬合調整の2 つのエピソード…可能な限り調整量を減らすために/調整量を減らすためにどこまでできる!? 半調節性咬合器の意義
本48 佐野 隆一   歯界展望 2017 129 2 チェアサイドとラボサイドの連携をスムーズにする 補綴再製ゼロプロジェクト 11 ラボサイドに何を伝えたらよいのだろう? 患者固有情報の伝達について/スムーズな治療はどっち? 治療計画の共有の意義
本48 佐野 隆一   歯界展望 2017 129 3 チェアサイドとラボサイドの連携をスムーズにする 補綴再製ゼロプロジェクト 12(完) 歯科技工士は現場をわかっていない!? 補綴再製ゼロプロジェクトの実際/歯科医療のやりがいをどこで見いだす? チームで高める補綴臨床
本48 佐野 隆一 土屋 和子,飯田 啓介,佐野 隆一(本48),酒井 志郎,都築 優治,森永 純,片岡 均,中川 隆志,堀田 千夏,野見山 和貴,矢野 顕,近藤 剛史,上野 俊明,木村 義明,青山 誠 月刊「歯科技工」別冊 再製を防ぐためのラボコミュニケーションチェアサイドとの連携のコツ 2017     歯科衛生士とのコミュニケーション 印象採得に関するポイント 模型に関するポイント 歯科技工指示書に関するポイント
本55 福島 恵美子   DE 2017   201 超急速加熱型石膏系埋没材「クリストクイック®ⅢSF」
実4 田中 朝見 桑田 正博,山本 眞,田中 朝見(実4),青嶋 仁(実16),片岡 繁夫,西村 好美,小田中 康裕,Aki Yoshida,佐藤 幸司,山﨑 長郎,松本 勝利,前田 芳信,六人部 慶彦 QDT 2017 42 8 メッセージ 色紙企画 「QDT」通巻500号によせて
実9 林 賴雄 林 賴雄(実9),安藤 申直(本11) 技友 2017   68 歯科技工物と義歯刻印のトレーサビリティについて
実16 青嶋 仁   QDT 2017 42 8 MASTERPIECE 天然歯を創る
実16 青嶋 仁 Willi Geller,山本 眞,青嶋 仁(実16),片岡 繁夫〔司会〕 QDT 2017 42 8 読者が選ぶ,もう一度読みたいあの論文1992年 3 月号掲載論文「特別再録 Willi Geller 学術講演会─Oral Design(全身的審美)の調和を考える─ Willi Geller による臼歯部ポーセレン築盛テクニック」(Willi Geller)および「ディスカッション シェード・テイキングと色調の伝達およびその再現法」
実16 青嶋 仁   QDT 2017 42 8 読者が選ぶ,もう一度読みたいあの論文1989年8月号掲載論文 「内部ステインテクニックによる個性的色調表現の実際(青嶋仁)(著者本人からのコメントを掲載)
実27 川端 利明   歯科技工 2017 45 3 Special ArticleNew Materials & Technical Advice 材料学的見地に基づくプレスセラミックスインレー製作-高い適合精度とシェードマッチングを得るために行った新規製品群の検証
実33 早川 浩生   日本歯技 2017 582   歯科技工士労務対策委員会情報 「企業の福利厚生について」
実35 大竹 祥雄   QDT 2017 42 2 News & Topics「第3回埼玉歯科技工士専門学校同窓会」開催
実35 大竹 祥雄 畑中 卓哉,八木田 康彦,大竹 祥雄(実35) QDT 2017 42 3 CAD/CAM で製作するメタルフリーテレスコープデンチャー トリニアを用いたパラレルテレスコープ製作の試み
実39 高橋 健 佐々木 正二,赤坂 政彦,都築 優治,高橋 健(実39)〔司会〕 QDT 2017 42 1 座談会 今,改めて整理するIPS e.max Pressシステムの基本と応用 ─インゴット選択から天然歯様の表現法まで─ 基本編:IPS e.max Pressシステムの製作法とインゴット選択
実39 高橋 健 佐々木 正二,赤坂 政彦,都築 優治,高橋 健(実39)〔司会〕 QDT 2017 42 2 座談会 今,改めて整理するIPS e.max Pressシステムの基本と応用 ─インゴット選択から天然歯様の表現法まで─ 応用編:IPS e.max Pressシステムによる天然歯へのチャレンジ
実39 高橋 健 遠藤 淳吾,ルーク 長谷川,福島 光高,湯浅 直人,コメント:高橋 健(実39) QDT 2017 42 3 MASTERPIECE feat. 6th HMPS in Los Angeles Part 2
実47 加賀 良隆   歯科技工 2017 45 9 Opinion & Suggestion 経営を安定させるための組織化に関する一考察 -“変えることから始めよう”ラボの中間管理職のつぶやき
工1 齋藤 道拓   歯科技工 2017 45 2 CONGRESS & MEETING REPORT「第17回歯型彫刻コンテスト『ほるほる』及び日本歯科技工学会関東支部平成28年度学術大会」に参加して

1959-1979 1980-1984 1985-1989 1990-1994 1995-1999
2000-2004 2005-2009 2010-2015 2016-2017
▲ Top of Page
Copyright© Dental Technology Alumni Association, Tokyo Medical and Dental University. All Rights Reserved.